中堅企業・中小企業における価値あるパッケージ導入の手引き

 

 
 
 
 

   パッケージの選択と導入を支援する「手引き」

                                                           セミナー開催の案内             お知らせ

       中堅企業・中小企業における情報システムのERPパッケージを含むアプリケーションパッ
    ケージの選択とパッケージ導入・クラウド導入を価値あるものにするためには、自社の課題解
    決(=ソリューション)を行い必要な作業・評価・判断を着実に行うことが必要です。また、
    それらを行うための準備・情報入手・検討・交渉・リスク管理も発生します。
    パッケージ(クラウド)の選択と導入の手順に沿って、多様な視点から安心できる案内役と
    してのパッケージの選択と導入の手引き」を作りました。多くの導入事例の分析、これからの
    企業情報システムのあり方、内部統制などの社会的ニーズ及び成果の上がるプロジェクトマネ
    ジメントを考慮しつつその選択と導入のポイントを纏めてあります。ベンダの選択も含まれて
    います。また、ユーザの立場からのパッケージ導入に関する実践セミナーの開催も行っており
    ます。

 
 パッケージ導入を成功させるための「疑問・質問・情報」に関する
    ガイド

    これからパッケージ導入を検討するユーザ、現在パッケージ導入の作業
    を行っているユーザは、このガイドに立ち寄ってみて下さい。 
     

                 

    ● 「ユーザのためのパッケージ導入」セミナーのご案内

    パッケージ導入の成功には必要な知識と判断力を持つことです。ベンダへの他力本願でな
        く独力で必要な作業をできるようになることです。社内準備、パッケージ選定、要件定義
        及び稼動準備の作業を効率よく消化できる実践力が身につくセミナーを下記の内容で開催
        しております。

 
 セミナーの目的
    ・受講結果、自社に戻り独力で必要な作業を消化できる。
            ・社内手続き、社内協力、資料作成及び問題解決を容易にする。
            ・パッケージ選定、システム品質及び稼動に必要な知識が理解できる。
 セミナーの内容
           ① 導入準備に必要な作業内容と実践ポイント
           ② 最良なパッケージ・ベンダ選定のための実施方法
           ③ 価値ある要件定義書を作成する実践ポイント
           ④ 安定稼動に必要なユーザテストと社内準備 
  開催の要領
     
「ユーザのためのパッケージ導入 徹底解説」セミナー

     ● お知らせ

   「DL300 生命力のある企業情報システムとは」と
      「DL570 「4-5-3」視座」の資料を更新しました。関心のある

       方は活用できるドキュメント集ページを見て下さい。

                                                                    ( 2016年5月4日 記 )        

 訪問ユーザ= 19.5万名
        閲覧ページ= 50万頁    訪問数=25.5
万件  に達しました。
                       ( 2017年4
月23記 )
 コンテンツ滞在時間に関して、
                        30分以上の訪問数が3,200件を超え、
                        10分以上30分未満の訪問数が11,000件を超えました。

                                                               ( 2017年3月12日 記 )


この1年間(2016年2月~2017年1月)における当ホームペー
       ジへの訪問内容は、つぎのような結果でした。

    1.訪問に関して
     
  ○ 訪問数           53,018件 
                     ○   訪問ユーザ       43,804名  
                     ○ 閲覧ページ       85,542頁 

    2.コンテンツ訪問数のベスト5
           ① 
 要件定義・Fit&Gap       
       ② 統括責任者のやるべきこと       
                     ③ 
価値ある要件定義の成果物
        要件定義に必要なスキルと技法
                     ⑤   やさしい導入計画(実行計画)
    3.コンテンツ滞在時間のベスト5
       
       ① 統括責任者のやるべきこと
           ②   要件定義に必要なスキルと技法 
                     ③ プロジェクト管理に必要な知識とスキル
       
④ トラブルの早期発見と兆候・現象・原因
                     ⑤ トラブル(問題)の解決策と予防策

  4.89ヵ国(地域)からの訪問があり、訪問数のベスト5(開設以来)
       ① アメリカ
                     ② 中国
                     ③ イギリス
                     ④ タイ
                     ⑤ シンガポール
                             ( 2017年2
月3日 記 ) 

 
 パッケージ導入・情報システムの再構築に関しての疑問・不安・
     質問のある方、また、欲しい情報のある方は 
    
「お問い合わせ」ペー ジ  にてご連絡を頂ければ対応させて頂き
     ます。
 
   BNP フェイスブック 

更新情報

2017/04/23パッケージの選択と導入の手引きトップページでユーザ(自社)の立場から、パッケージ導入を成功させるポイント
2017/04/23BNPとはパッケージ導入・情報システムの再構築に必要なスタンス、会社概要
2017/03/08お問い合わせ当ホームページ、情報システムの再構築、業務改善に関する「質問・欲しい情報」
2017/02/12予算と期待効果予算を確定するまでの流れと予算項目の考慮点を明記、期待効果を持つ大切さ
2017/01/01導入事例の紹介パッケージ導入の事例・実績を通して学ぶことの意義

 笠ヶ岳(岐阜県)


                                       

ページ先頭へ

 
 
ホームページ作成方法